無料レンタル
カシミ家の部屋 2008年06月
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
posted by カシミ家
 
[スポンサー広告
葉刈りのあと。
モミジなどの雑木ものは
6月に「葉刈り」という作業をするものらしい。
葉刈りの目的は、小枝作りと樹勢の平均化。
一般の園芸でも芽を摘み取るだけの作業があるけど
葉刈りは芽摘みのあとに生えた葉を葉柄を残して刈り取る作業だ。

数年経った樹に行うといいが、
一年目や二年目などまだ小さい樹は
伸び放題にさせておくほうが幹が太ってくれるから
葉刈りをしなくてもいい、
というかしないほうがいいらしい。

そうはいっても、葉刈り
やってみたいじゃん。

ということで小さいやつら3鉢に手を加えた。
6月中旬に葉刈りをしたが

08063001
こいつはまだ葉が生えていない。

08063002
こいつはチロッと生えてきた。

08063003
こいつは幹に曲をつけたやつだが、
勢い良く生えている。



同じ日に葉刈りをしても
葉っぱの生え方にも差があるもんだな。
スポンサーサイト
posted by カシミ家
comment:0   trackback:0
[モミジ・カエデ
うぶ毛。
どんぐりの何がかわいいって
新芽の葉っぱにうぶ毛が生えてて良いのだ。
銀色に光っている感じ。

08062901
これとか

08062902
これはちょっとピンボケ。

葉っぱが2cmくらいに大きくなると
このうぶ毛が無くなっちゃうのが残念なんだけどね。
posted by カシミ家
comment:0   trackback:0
[どんぐり
クロマツの軸切り挿し芽
なぜか急に「20世紀少年」を読み出した。かなり遅ればせだけど。
なぜ20世紀少年を読み出したかというと
21世紀少年を先に読んでしまったから。
なんという理由、なんという順不同…。
しかもこれ、映画化されるんだってね。
それすら知らずに読み始めた俺。
確実に取り残されている。






いいもんねーだ、クロマツ。
調べてみたらクロマツも軸切り挿し芽ができるらしい。
ホントは3月頃に播種し、5月頃に軸切り挿し芽をするものだから
かなり遅いタイミングだけど…まぁいいや。
ケヤキで味をしめたのでクロマツもやってみることに。

08062800
「軸切り挿し芽」ってこんな作業ね。
マツもゴボウ根になりやすいんだってさ。

08062801
ということで、これが切る前

08062802
これが切って植えたところ。
切ってメネデールに浸けたあと
1本ずつビニールポットに植えた

08062803
全部で40本ほど。
ひとつの育苗箱に入りきらなかった。



さ、出てくれるかな、根。
ところで、なぜ軸切り挿し芽をするかとゆーと
八方に広がる良い根張りを作るためなんだそうだ。
なーんだ、腰高なのを低くするためだけかと思ってたよ。
posted by カシミ家
comment:2   trackback:0
[
カネヲナラセルゾ。
googleで「白桃扇 育て方」を検索するとね
なぜか一番目にこのサイトが挙がってやんの。
ここに白桃扇の育て方なんて載せてねーって^^;
調べた人、お目当ての情報が載ってなくて怒っているかな。
でも、その検索結果は俺のせいじゃないもんね~。





さてカネノナルキ。
このあいだから切り口を乾かしていたけど
そろそろ大丈夫そうなので植えた。

08062701
葉が付いた茎は
そのまま2号の仕立て鉢に。

08062702
葉だけのやつは葉挿しに。
葉っぱ隊リターンズである。

08062703
茎だけのやつは育苗箱に転がしてみた。
なんだこのぞんざいな扱いは…。


よーしたくさん育ててカネヲナラセルゾ。
って今度は投資関係の検索に釣られちゃうのかな…。
んなアホな。
posted by カシミ家
comment:4   trackback:0
[サボテン・多肉
デンドロビューム。
買ったデンドロビューム5鉢は両親に譲った。
というか強引に引き取ってもらった。
そしていま手元にあるデンドロは師匠からいただいた
野性的な小さなやつ1鉢だけ。


08062601
昨年11月にいただいた直後の状態。
どっちが上だ?

08062602
絡んだ茎を整理して

08062603
直角に開いていたのをグイッと引き寄せて

08062604
根を水苔でくるんで

08062605
素焼き鉢に植えた

08062606
そしたら5月に花が咲いた。
冬もベランダに出しっぱなしだったのに元気だ。

08062607
そして今。新しいバルブ(茎)が増えている。
左の緑色の2本がそれ。





デンドロの園芸書によると
冬は部屋の中にとりこむ、とあるけど
寒風にさらされなければ
ベランダでも大丈夫ということだな。

…ってか、いただいてくる前も
師匠宅では外で育ててたから
これくらいへっちゃらか。
posted by カシミ家
comment:10   trackback:0
[その他の園芸
新芽。
師匠宅裏山で山採りしたどんぐりがかんばしくない。
どんぐりからじゃなく、
生えていた苗を持ち帰ってきて植えると
根が傷ついてよくないのかなぁ…。
と心配してたが、

08062501
それでもいくつかは新芽が出てきて少し安心した。
もう少し様子を見とこーっと。

08062502
ところでコチラは先に始めてた実生のどんぐり。
自作鉢とクネクネの幹がバランスよろしい!と自画自賛。

08062503
葉が傷んでいたけど新しい芽も出てきている。
よっしゃ、ええ感じ。
posted by カシミ家
comment:6   trackback:0
[どんぐり
ムスカリ将軍。
ムスカリがへなへな。今年はもう終わりだろう。
08062401
それにしても、また球根の数が倍に増えているように思えるんだが…。どん欲だな。

でももう来年もやりたいとは思わなくなってしまったので抜いた。
08062402
根はそんなにまわっていなかったみたい。

08062403
あぁ、これがニンニクだったらうれしいのになぁ。

ムスカリを将軍呼ばわりするのは特に意味なし。
posted by カシミ家
comment:4   trackback:0
[その他の園芸
なんか可愛いなぁ。
おっと徹夜してたら、いつのまにかお昼だ。
マツの愛おしい写真をアゲとこ。

08062301


藻みたいだな、おまえ。
金魚鉢に生えてそう。
posted by カシミ家
comment:2   trackback:0
[
ユキノシタ
最近、文字を書いてないなーって。

このあいだ履歴書を書いてて、
文字を二行書いただけで握力がなくなんの。

そういえばキーボードでは打っているけど、
鉛筆やペンで直接文字を書いてないんでね
文字を忘れがちだ。

08062201
ということで思い立ったように
漢字検定のドリルを買ってきて文字の練習。
40字の漢字を練習しただけで手が疲れちゃったよ。

悪・安・暗・医・委・意・育・員・院・飲・運・泳・
駅・央・横・屋・温・化・荷・界・開・階・寒・感・
漢・館・岸・起・期・客・究・急・級・宮・球・去・
橋・業・曲・局・銀・区・苦・具・君・係・軽・血
の文字を書いてみたんだけど、そのうち
医・駅・荷・界・感・館・究・区 …の書き順を今まで間違えていた。
「医」って「ヨコ」→「矢」→「L」だったなんて知らなかった。
「駅」の「馬」って「タテ」「ヨコ」「タテ」「ヨコ」「ヨコ」…だったのか。
今さらながら恥ずかしい。




何かの下に隠れたい。




ということでユキノシタ。
…むりやりだ。

08062202
匍匐(ほふく)茎というやつがびよーんと3本伸びている。
この茎で株を増やしていくものらしい。
ということで

08062203
芽が出ないモミジの育苗箱の上に置いた。
モミジは無理だったけど
これでユキノシタが増えてくれるとウレシイな。
posted by カシミ家
comment:4   trackback:0
[草もの
カネノナルキ
昨年秋のいただきもの、カネノナルキ。
持ち帰ってきたとき
自宅の玄関で鉢を落として折ってしまったので

08062101
ほどよい大きさに切り分けて

08062102
葉は葉挿しにしといたら

08062103
根が出てきたので

08062104
小さい鉢に植えて、しばらく大丈夫だったけど

08062105
ここ一週間で急に化石になってしまった…。

08062106
抜いたら根はしっかり生えてたんだけどなぁ…。
水をやり過ぎたか?

08062107
まぁいいや。まだ小さいやつとか

08062108
ちょっと大きくなったやつとかあるし

08062109
元になった背の高いやつもあるから
いざとなったらここから挿し木素材を取れるし。

08062110
と書いた後で急にやりたくなったので切り戻してみた。

08062111
切り取ったやつらは

08062112
葉・茎のみ・葉と茎…に。ただいま切り口を乾かし中。





それはそーと、カネ、成らねーなぁ。
posted by カシミ家
comment:2   trackback:0
[サボテン・多肉
夏のハーブ
食べられる植物、
つまり菜園にさほど興味の無い俺だが
パセリとこいつだけは欠かせないのだ。

08062001
バジル。

今シーズンのパセリは暑くなってきたのでもう抜いてしまったが
抜き取る前に大量に収穫して冷凍しているから大丈夫!
なんだ大丈夫って?誰に言ってんだか。

まぁいいや。

で、バジル。そろそろこいつの時期。
昨シーズンはタネからだったが
一人で何鉢も要らないことがわかったし、
タネからやるのもまどろっこしいので
今年は150円の苗をひとつ買ってきた。

鉢植えしてればその都度買うより安いしね。
だいたい売られてるやつって一袋を使い切る前に傷んじゃうのよねー。
これなら少しずつ夏の間中収穫できるし、しかもいつでも新鮮。
これでいつでもスパゲッティが食えるぞぉーーー。



気恥ずかしくてなぜか「パスタ」って言えない俺。
ついでに言うと女性の下着類も口に出して言えないけどな。
聞いてねーって。
posted by カシミ家
comment:4   trackback:0
[その他の園芸
実生のクロマツ
ホントは遅くとも5月までには播種するものらしい三州黒松と五葉松。
5月初旬ころ手に入れて、1ヵ月ほど冷蔵庫で5度以下に合わせた。

08061901
で、一昼夜水にひたしたのが6月3日

08061902
播種したのが6月4日。
1ヵ月も遅くなってしまったが大丈夫だろうか?

08061903
と思ったら6月15日に黒松の芽が出た。
わーい。

08061904
そして昨日の時点でこんなになった。
タネの殻を脱ごうとしている。がんばれ、もうすぐだ。
それにしてもヒョロっとしてるもんだなぁ、松の芽。

08061905
でも五葉松がウンともスンとも言わないんだよなぁ。
右半分が黒松、左半分が五葉松。


よし決めた。
松も今度は種子を買うんじゃなくて自分で拾ってこよう。
幸い両親の家は海の近く。
松林に行って松ぼっくり拾いまくるぞ~。




あ、きのう2社目の派遣屋さんへ登録行ってきました。
もうヘトヘトです。人が多くって…。
しばらく、ぐうたら致します。
posted by カシミ家
comment:2   trackback:0
[
実生ケヤキの剪定と葉刈り
タネから始めたケヤキ。
すでに枝分かれしてるのもあって、順調だ。
ということでこの段階で剪定と葉刈りをするものらしい。

たとえばこいつ。

08061801
2本芽になっているもの。
V字の角度がなかなかよろしいようで(ホントか?)。
こーゆーやつはそのまま2本立ちの箒づくりを目指します。

で……

08061802
剪定・葉刈りの後。
こんなふうに十字葉の上に伸びた枝を
それぞれ2枚ずつ葉を残して剪定。
残した2枚ずつの葉も葉元を少し残して切ります。
そうすると新しい芽が動いてくれるらしい。


この他、3~4本のものは将来有望そうな2本を残して剪定したり
1本のものは先端を摘んで新しい芽を期待したり
するもんらしい。




ケヤキって育て方が画一的で解りやすい。
だいたい出来上がりが「箒づくり」という樹形しかないから
もうこれしかないんだ!って感じで作業方法を調べやすいからね。
posted by カシミ家
comment:2   trackback:0
[ケヤキ
崩壊…。
いや~、言ってきました派遣の登録。
昨年あたりから仕事ゲキ減りで、今年はどん底。
フリーなのに営業下手な俺なので
登録でもして仕事もらわんとね。
何もしないよりはマシでしょう。
まぁあれだ、何事も経験だ。

で、行く前に準備してて気が付いた。
そーいえばちゃんとした応募というやつを
俺、ほぼしたこと無かった…。
自分でおどろいた。やや緊張。
それはどーでもいいんだけどさ。



登録会は実技とか筆記の簡単な試験あって
んで思ったんだけど
この歳になって応募とか試験受けるってさ
尊厳がプチ傷つきますな^^;

いや派遣会社さんの対応も良かったし
試験があるのも当たり前なんだけどさ
この歳になって試験を受けることそのものがね。
歳下であろう担当者に親切にされたりしてね。
なんかね、妙に情けないの。

「1時間でこれと同じものをレイアウトして」
という実技もすっごい簡単でさ「今さらこれやるのかぁ」って。
それなのにあろうことか1時間で出来なくてさ。
慣れない設定や使ったことないイラレのバージョンとか
画面の狭さというのもあるんだけど
ふだんなら30分で出来るような割り付けが1時間でできないの。
トホホだ、ほんとに。

その後、5分間ひたすら文字入力とか、
6行くらいしか打てないし…。
俺、ニガテなんだよぉう、文字打ち。

筆記もさ、「1Qは( )mm」というのはすぐ出来たんだけど
「ウラ罫は何mm」って、あれま?いったい何mmだっけ、とか。

我流でやってきたツケだなこりゃ。
気分的には開き直ったさ。
「こーゆーのは出来る」「そーゆーのは出来ない」
ってさんざん言ってしまいました。
あぁ情けなかばーい。







ということで、
帰って来て、どんぐりを植えた自作鉢を持ち上げたら…

08061701
鉢、崩壊。
なにかを暗示してるようで、ちょっと泣きたい。




それにしても
オーブン陶土ってこんなに簡単に崩壊するものだったのか?
posted by カシミ家
comment:6   trackback:0
[どんぐり
フリフリ偵察隊2
行ってきましたフリフリ・フリマ偵察隊2。
日曜は大井競馬場品川


08061601
大井競馬場前駅のホームから見える京浜運河と勝島橋。
でも競馬場はこの橋は渡らない。

08061602
駅の階段を降りるとさっそくお馬さんの家が見える。
駅舎を出たところからさっそく厩舎のにおいがするだがにょ。

と、フリマ会場も写真を撮りたかったのだが
なんちゅーか…
気合いが入ってて写真なんか撮ったら
「てめーなに撮ってやがんでい!」って怒られそうだったので
一枚も撮らず仕舞い。いくじなしの俺です。

出店しているお店は
錆びたニッパとか使い古したヤスリを売るおっちゃんとか
色あせたジャケットのジャズのレコードとか
何色とも表現しにくいシャツやジャケットやら…。
普段は何をやってらっしゃるの?というおいちゃんおばちゃん多数で
こう…えーっと…いかがわしさ満点といってしまっては身も蓋もねーっか。
キッチュさ爆発、と言っておこう。

訪れているお客さんも
職業がまったくよめない人が多数。
中にはきっと服飾デザインの学生さんらしき娘が
微妙な柄のブラウスとかを大量に買い込んでいたけど。
きっと生地が欲しかったのか?

こーゆー雰囲気、嫌いじゃありません。ってか好きです^^;

好きだけど、ここでどんぐりなんぞ売ってたら
「なめたモン売ってるとぶっとばすぞ」
って叱られそうだからやめておこうかしらん。

ちなみに競馬は開催しておらず。
二階建ての立体駐車場の一階部分で出店していた。
あーおなかいっぱい。ごちそーさまでした。





そそくさと逃げるように次のフリマ会場の品川へ。





品川駅の港南口(東口)を出ると

08061603
いきなりどどーんと高いビル。
品川駅前ってすっかり様変わりしてるんですね。

08061604
高いビルに囲まれて

08061605
森が出現。

08061606
その森の横あたり。
建物の軒下で出店してました。

写真では解りづらいけどガラス窓を挟んで
室内とその二階でも出店していました。

雨の日でも出店できるし、夏でも涼しそうだしここは良いな。
でも別のイベントが同時開催されているわけではないので
お客さんの入りが気になるところ。
でも競馬場とうってかわって
コチラは出展者もお客さんも山の手っぽい感じ。
上品なおばちゃまが多かったです。



ということで土曜に2カ所、日曜も2カ所を巡り
帰って来てからはもう何もすることができず「ばたんきゅー」。



やっぱクリエイティブ系・クラフト系のほうが
肌が合いそうな気がしてきたなぁ…。
posted by カシミ家
comment:0   trackback:0
[雑感・日記
フリフリ偵察隊
行ってきましたフリフリ・フリマ偵察隊。
まずは豊島園
08061501



08061502
入り口には小さく案内が。

08061503
豊島園の入場券を買わなければいけませんが
まぁ200円だから安いもの。
チケットには豊島園のシンボルでもある
木馬がプリントされてる。

08061504
その日は「あじさい祭り」だったらしく
入るとあじさいが咲いてました

08061505
ずーっと奥に進んでアンパンマンを通り過ぎ…

08061506
あじさいのブースをちら見して…

08061507
おっ、ありましたありました。

08061508
いちばん手前は時計やカメラ、中古のCDプレーヤーなど売ってたので
ちょっとジャンルが違ったかな?と思ってたけど

08061509
玩具や雑貨(たぶんプロ?)もあったりして

08061510
洋服も炎天下で売っていらっしゃる^^;
暑い中ごくろう様ッス!日射病にならないでね。

08061511
最も奥のところ。
木陰もあってこの下なら涼しい

08061512
客層は6~7割がファミリー、2~3割が若いグループ
意外に年配のグループもいた。あじさい祭りだからか?

08061513
場所の性質からして、出店はあまりとんがった感じではないものの
中には手造りアクセや服飾も売っておりました。

フリマが出店しているのはこの地図のフライングパイレーツの上と右側あたり。

ちょっとチープ感が(失礼!)あったりするけど
「としまえん」の中だから集客数が見込めるというのがウリかもね。




で、もうひとつ、池袋のとあるフリマにも行って見たが
見るからにわたくしのお呼びでない感じでした。ちゃんちゃん。




日曜は、おれの大本命である大井競馬場と、
品川インターシティへ偵察に行くつもり。
大井競馬場はね、競馬に来たおいちゃんをターゲットにできないかなって^^;
スッた心を癒すのにどんぐりいかが?って。
そんなに都合よくいかねーっか。ハハハ。
ま、出展数が多そうだし、
豊島園と同じ主催者なので期待できそう。

こっちなんかの
アート・クラフト系も興味あるんだよなぁ。
posted by カシミ家
comment:0   trackback:0
[雑感・日記
実生の唐楓(トウカエデ)
カテゴリー増やしにカエデを載せとこ。


ヤマモミジ、野村楓、唐楓のタネを2ヵ月ほど寒さにあてて

08061401
3月16日にまいた。
育苗箱に3種類、後でわかるように麻紐で区切ってある。

08061402
だけど6月の今、芽が出たのは唐楓の2本だけ。
奥のほうにちょこんと生えているのがそれだ。トホホ。

08061403
しかたないので、こいつだけ鉢上げ。
淋しいぜ。


もう芽は出ないのか?
これでおしまいなのか?
あんまりじゃないか~。
posted by カシミ家
comment:0   trackback:0
[モミジ・カエデ
かーわいーなぁー
御守鈴(おまもりん)」手造りってところがいいな。人様の役に立てばいーのになぁ。




こちらは手造り「どんぐりん」





08061301
わりと素直にのばしたやつら、
ハリガネなどはかけていない。

08061302
そのうちのひとつ。
一度枯れて、枝が2本出ている。

08061303
こちらは1本だけどノビノビしている。

08061304
自作鉢に植えたもの。
こんなに小さいと植えたと言うより入れただけ…。

08061305
こいつも一度枯れて新しく芽が出たもの。
生きてくれ!




これで誰かが喜んでくれるとウレシイんだけどなぁ。
posted by カシミ家
comment:0   trackback:0
[どんぐり
紅彩閣
1987年の今日、郷ひろみさんと二谷友里恵さんがご結婚されたんだそーです。1937年の今日は川端康成が「雪国」を発表したそーです。1560年には桶狭間の戦いで休憩中の今川義元を信長が討ち取ったそーです。さかのぼれば毎日毎日いろんな出来事が起きているんですね。どーでもいいか?



さて…。
紅彩閣というサボテンのようでじつはサボテンじゃない多肉植物。





08061201
昨年7月。買って来たばかりのころ。

08061202
それから約一年、6月9日の写真。おっ!大きくなってないか?
ということで、フォトショがいぢれる園芸家としては検証しないわけにはいきませんな。誰が園芸家やねんというツッコミはノーサンキューだぜ。

08061203
写真を並べてみた。
植え替えるときに深植えしてしまったから地表はあてになりません。(1)の脇芽と、そこからトゲ8つぶん下の(2)を基準にして写真の大きさを揃えてみた。すると(3)の線から上が生長したぶんということがわかった。

08061204
つまり↑このぶん生長した。約18mm。

ってわざわざフォトショをいぢらなくてもモニョっと突き出てるところがそうだとわかっていたんだけどさ。いろいろやりたいおーとーしーごーろー。




posted by カシミ家
comment:0   trackback:0
[サボテン・多肉
白桃扇
秋葉原の件。とあるニュースでは犯人はアニメオタクだったとか二次元にしか興味なかったとか報じられているそうで。いやいやいやいや。その報道は違うだろ。関係ないだろう。アニメもアイドルにも俺は興味がないし、ましてや犯人を擁護しようとは思わないけど、この事件に限らず「事件を起こす=アニメやゲームのせい」みたいな公式、多いよなぁ。そのほうが怒りを向けやすいし簡単だからだろうけど。

幽霊は、幽霊がこわいのではなく、幽霊を見てしまった自分がこわいのだそうだ。
だから幽霊を自分とは別次元のものにして、なんとか安心を得ようとするものなんだとよ。

そもそも犯人がアニメやゲームが原因で倒錯したのかも不確かだし。いまの若い世代にとってはアニメやゲームって誰でも触れるものじゃないか。俺だって所有するゲームソフトは10個どころじゃねーぞ。まるでDHMO。悪い冗談だな。




某掲示板にあったレス
「論点は犯人が何に絶望してたのかってことじゃねーの?」
うん、これは的確だ。
アニメ好きだったから犯行に及んだわけではないはずだ。趣味でひとくくりにしちゃいかん。まぁワイドショーや三流紙じゃぁそこまで取材してる時間も能力も無いんだろうけど。それにしてもどうでもいいことばかり並べたてて、報じられてない事や隠されているであろう事が山ほどあるんだけどなぁ。

ワイドショーだけを見て信じてたらいかんな。まるでジョークのような情報統制。かの国と大差ないじゃん。俺はワイドショー見てないが、「それ、ちがうぞ」とほとんどの人は解ってんだよね? でもひょっとしたら何人かに一人が「アニメやゲームの影響ってこわいねー」と思うんだろうか…。そんなばかな。でも「KY」って言葉もマスコミが意味変えちゃったしなぁ。コレなんかも、おいっ違うじゃん!って。竹山君!おまえ知ってんのに知らないふりかい?って。

ぼーっとしてると間違ったこと擦り込まれてしまうな。こわいこわい。
与えられた情報だけじゃなく、自分で見て体験した事でしっかり感じないと。







はぁ~。めんどくさいなぁ…。






ということで、全然かんけーないけどサボテンの「白桃扇」。


08061101
昨年7月に買って来た頃

08061102
なんかねじれてきて

08061103
アタマがぽろっと落ちて

08061104
手も取れて

08061105
胴体におできが出来て

08061106
おできが膨らんで

08061107
今はこんなんなっちゃったよ。

08061108
落ちたアタマや手もころがしておいたら

08061109
アヒルの親子みたいになっちゃったし。





おもしれーな、サボテン。
まぁこんな、ねじれる事もおできができる事も
ぽろっと落ちてからのほうが楽しい事も
「サボテンの育て方」に載ってなくって
自分でやってみないとわからん面白さなんだよな。
(こじつけ)
posted by カシミ家
comment:2   trackback:0
[サボテン・多肉
アマリリスの花
お世話になった編集者Kさんから、昨日メールが来た。
(ご本人からコメントあれば↑イニシャル表記をやめるつもり)
そのメールはもう2往復くらいやりとりしてるんだが
「最近こんな花に手を出した」とか
「ウチのアマリリスはこうなった」とかそんな内容。
そのアマリリスとは、おととしの年末
師匠からKさんと俺に「このアマリリスを育てるがよい」と
手渡されたやつだった。
おれは毎日ウチに居て植物の世話ができるからまあ無難に咲いたんだが
Kさんは会社勤めなのでこまめに世話することができず
残念ながらその年は花を咲かせることができなかった。
通勤してるとなかなか世話すんの面倒だからなぁ、まぁそれはしょーがないさ。
ところがそれから1年半、貯めに貯めまくった栄養で
ドッカンと咲いたらしい。

08061001
花茎が2本も出て

08061002
しかも花が4輪も!

08061003
咲いた!すっげーパワーを感じるぅ!いいなぁー。

一方ウチのやつは

08061004
花茎は1本だし花も2輪だけ。昨年と一緒。

08061005
くやしいから日光を浴びてる写真も載せとこ。


ウチのも茎たくさん出てくんないかなぁ。
花もたくさん咲いてくんないかなぁ。
もう今年はこれで終わりなのか?



しょーがないので他の花で俺の心を満たすしかねー。



08061006
スカシユリ。
大きくなって狭いベランダでは扱いきれず両親宅に押し付けてしまったので、今はもうウチには無いけど…。この写真が最後の一枚である。

08061007
ジャノヒゲ。
しっぶー。儚ねー。もう二週間くらい咲きっぱなしなんだけど、だいじょーぶかこいつ?





いわゆる「お花」が少なくなって、すっかり地味な我が家のベランダなのだ。
posted by カシミ家
comment:0   trackback:0
[その他の園芸
どんぐりになってやるー!
「居酒屋タクシー」みて「おいおい…」、
「クリントン氏がオバマ氏支援表明」で「へぇ~」、
「移民、1000万人受け入れ提言…自民議連案」で「何だとっ!」、
とあいかわらずニュース流しっぱなしにしながら
ひとりでテレビと会話してたら
秋葉原でえらいことが起きているじゃないか。
さすがにこれには「こえ~~~」しか声が出なかった。

ますます街に出たくなくなるなぁ。
こーなったら、俺、どんぐりになってやる!
手も足も出さずに口も閉じてやる!
部屋から出てやるかい!
…ってわけわかんないことを言ったとか言わないとか。



さて、どんぐり。
音沙汰の無かった実生のどんぐり達が
ここに来て芽を出し始めている。
中には一度枯れて新しい芽を出しているのも
あるにはあるんだけど…
なんでなんで?どーして今ごろ?
と思いながらも捨てなくて良かったと胸をなでおろす俺。
鉢上げしてやりましょうかね~。

08060901
こんなのとか

08060902
こんなのとか

08060903
こんなのとか

08060904
ということで7つ鉢上げ。
左側丸いビニポが鉢上げしたもの。
右側四角いのがまだ芽が出ないヤツ。
紙のトレーがもうボロボロなんだけど
可能性があるので捨てきれない俺。

月曜朝6時の作業でした。
posted by カシミ家
comment:6   trackback:0
[どんぐり
ユッカ(青年の樹)
園芸にハマる前からあるユッカ。当時は水のやり方すらわからず、冬の休眠期にたっぷり灌水したり、夏にほったらかして干からびさせたり直射日光ガンガンに浴びせたり。それでも4年、どうやら生きぬいていた。
08060801
2006年11月25日。びろーんと伸びていた。

で、みりこさんが我が家へやってきて「水はこのタイミングでやるがよい」「バランスが悪いので挿し木するがよい」「根がいっぱいのはずなので暖かくなったら植え替えるがよい」…とアドバイスしてくれた。このときからみりこさんはおれの園芸の師匠になった。

そして春を待てずに、葉が出ているもの幹だけのものなど全部で10本挿し木した。

08060802
そのうちの3つ。幹を挿したもの。2007年2月2日。

08060803
2007年3月11日。芽が出た!

08060804
2007年5月6日。1株ずつ鉢上げ。小さっ。

08060805
2007年8月5日。暑いさかりも外に出しっぱなし…。
傷んだ葉はハサミで切って見栄え良くしといた。

08060806
2007年8月13日。陽を浴びてイキイキしてるみたい。
鉢も苔むしてきた。

08060807
いきなり2008年6月7日。つまり昨日。すっかり存在を忘れていたけどかなり大きくなっていた。忘れていたっちゅーても水はやってたんだけどね。

08060808
幹もぶっとくなったなぁ。

08060809
底から根も出ている

と、いうことで植え替えてみる。
以下、夕暮れの光不足で撮ったから手ブレ写真。

08060810
そんなに根はまわっていなかった。来年植え替えてもよかったかな。

08060811
ほぐしてみた。あらら、やっぱり根が少ない。3.5号鉢だったからしょーがないか。

08060812
5号鉢に植え替え、完了ぉー。

このユッカとのお付き合いは今年で6年目。かなり粗雑な扱いしても生き抜いてきてくれたからな。10年後も一緒にいられるといいんだけどなぁ。…ってユッカからしたら「そんなに付き合ってられねーよ!」だろうが、まぁそう言わずノンビリ付き合いたまえ。
posted by カシミ家
comment:2   trackback:0
[観葉植物
偵察…寝過ごして行けず
今日はフリマの偵察に行こうと思ってたのに、寝過ごしてしまった。
起きたら15時。もう間に合わない。
大井競馬場
調布市味の素スタジアム
…の2カ所をハシゴしようと思ってたんだけどなぁ…。

明日(日曜)は
「品川インターシティ」フリーマーケット
べストフリーマーケット in 東京国際フォーラム
神田東口商店街
あたりに行けるだけ行ってみようと思っているが…起きられるか?
っちゅーかそんな心配より、明日は天気予報で雨じゃんか。

おれの出店はいつのことになるやら。
posted by カシミ家
comment:1   trackback:0
[雑感・日記
ケヤキ35本。
4月上旬にタネをまいたケヤキ。
08060701

4月末には芽が出て来たので
08060702

「軸切り挿し芽」という作業をやった。
08060703
双葉の下1cmのところで切って土に挿す作業だ。


それから一ヵ月。
ここ↓まで生長しているということは
08060704

きっと根がしっかり生えているはず。
   ・
   ・
   ・
08060705
ほらやっぱり。

08060706
ということで、ビニールポットに鉢上げ。

っちゅーか、いま考えたら軸切り挿し芽から直接ビニールポットに鉢上げしてもよかったな…。まあいいや。途中で根が出ずに枯れたのもあったからな。厳選することができたのだと納得するとしよう。
08060707
真上から見ると↑こんな感じ。ツメツメで35本の出来上がりじゃい。ってなぜ真上からの写真まで載せる? いやいや、並んでる感が楽しかったのでね。

さーて。ここから枝ぶりの良い樹が何本できるのか。ケヤキ君、お手並み拝見させてもらおーじゃないか。

08060708
かーわいーなぁー、ケヤキ。


ちなみに、フリマ等で販売するときに枝にひっかけるタグだけ、デザインが先に出来ている。
03_keyaki
↑これだけど…。カシミ家でこいつだけビシッと決まらないんだよなぁ。並木道ってぇ~。しかもシルエットがワイングラスみたい。ケヤキの「ほうき立ち」という樹形をモチーフにしたんだけど…しょ、しょぼい。かなーりしょぼい。
デザインやり直しだなこりゃ。
posted by カシミ家
comment:2   trackback:0
[ケヤキ
どんぐり養生中。
5月末に知人宅の裏山で採取したどんぐりの苗


08060601
ワサワサと45本。

それを
08060602
1本1本ハリガネかけて

08060603
育苗箱に並べた。全部でこのカゴに2つぶん。

狭いベランダは、ますます足の置く場所がなくなった。ひとまず黒いビニールのポットに植えてみたけど、これ、デビューまでの養生期間。山からおりてきて都会っ子になるまでのリハビリのようなものね。

そして、これからの季節は強い陽射しも心配なので
08060604
不織布の寒冷紗を乗せた。

針金で育苗箱サイズの枠を作り不織布を張り、まわりをホチキスでとめた手造りの「寒冷紗の蓋」。苦肉の策じゃわい。
アミ伏も兼ねてるつもりだが…ここまで伸びたら伏せる必要は無かったか?

そのままでは風で飛ばされてしまうので
08060605
鉢カケの重石。哀愁がある写真だなこりゃ。

それから10日経ったて
08060606
あらら

葉っぱがカピカピに干からびたものもいくつかあるけど…大丈夫なはず!これからまた新しい芽が動いてくれるだろう…きっと。ホントか?

さ、デビューに向けて元気になってくれよ~。

ちなみに枝にひっかけるタグは
01_donguri
こんなやつね。
ミズナラの盆栽で商品名は「どんぐり」。
ただ今、登録商標申請中(ウソ)。
posted by カシミ家
comment:6   trackback:0
[どんぐり
どんぐり育て方_C:上級編
どんぐりの育て方 C:上級編
立派な盆栽に仕立てたい方。

ここから先は園芸・盆栽の本やネットで調べるほうが
具体的で細かいことがわかると思います。
いちおうキーワードだけ挙げておきます。

◎腰高が気になるときは「取り木」や「挿し木」を施す。
◎小さいままで「持ち込み」たいときは
 「ミニ盆栽」用の「釉薬鉢」を使おう。
◎まだ子供なので当分どんぐりはできないと思います。
 増やしたいときは山や公園で「種子」を「採取」して
 「実生(みしょう)」で増やしましょう。
◎どんぐりには、ミズナラのほか
 ・コナラ
 ・クヌギ
 ・アベマキ
 ・カシワ
 ・シラカシ
 ・アラカシ
 ・マテバシイ
 ・ウバメガシ
 ・スダジイ  …などがあります。
 どんぐりのカタチ・大きさも様々ですが、
 「常緑樹」「落葉樹」など種類もいろいろ。
 あれこれ試してください。
 決して難しくはありません。レッツトライ!
 (時間がかかるのでちょっと気が長いハナシだけどね…)
posted by カシミ家
comment:0   trackback:0
[どんぐりの育て方
どんぐり育て方_B:中級編
どんぐりの育て方 B:中級編
なんちゃって盆栽の世界へようこそ。
園芸のことは知っているけど…という方。
初級編よりもうちょっと手間ひまかけたい方へ。
※基本は「A:初級編」と同じです。

◎植え替え
・盆栽の世界で「植え替え」とは、
 ただ鉢を替えたり土を新しくする、というだけではなく
 「根の剪定」を意味します。
 一年に1回、根を見られる貴重な時なので
 この時期を逃さず根の剪定をしちゃいましょう。
・どんぐりの根は太い直根(ゴボウのような根)が生えやすい性質です。
 005
 ↑太い根がトグロ巻いているところ。

 そのままにしておくとゴボウ根ばかりが伸びて
 細かい根が出てきません。
 細かい根が出てこないと、地上部が細かく枝分かれしにくくなります。
 太い根が一本だけでは水を効率的に吸えなくなる、
 ということも考えられます。
・ということで、上根(細根がもじゃもじゃ出ているところ)を
 1~2cm残して切りましょう。
 006
 007
 数ヶ月後には↑このように新しい根が出ます。

・時期は、根が活発に動く前の春がベスト。
 (地上部の新芽が出て来る直前、だいたい2月末~4月上旬、
 環境により異なる)
 毎春に太根を切って細かい根をたくさん出すようにしましょう。
・植え替えるときの土は「赤玉土8:砂2」の割合
 ツブの大きさは1~2mmくらいがベスト。
・土を用意するのが面倒臭い場合は…。
 ホームセンターや園芸店で「盆栽用の土」という
 最初から盆栽用にミックスされた土が売られていることもあります。
 自分で土を準備する手間が省けてラクチンですよ。

◎剪定・芽摘み
・ただそのまま育てっぱなしだとだらしなく生長し、樹形が乱れます。
 春の植え替え時に枝も切って樹形を整えましょう。
・新芽が出て新しい葉が生えてだしてから初夏までの間に、
 生長しすぎた枝の先をハサミで摘みましょう。
 (柔らかければ手でも摘めます)
 そうすることによってビローンとだらしなく生長することを
 抑えることができます。
 また、この芽摘みにより新しい枝を生えさせることも促せます。
※「剪定」は枝を切る作業。適期は植え替え時。
 「芽摘み」は先っちょだけ摘む作業。適期は植え替え後から初夏まで。
・「まずは幹をぶっとくしたいぜ」というようなら
 剪定や芽摘みはせず、伸びるだけ伸ばしましょう。
 その場合は鉢はひとまわり大きな鉢にしたほうがいいです。
 のびのび育てると根元の幹が太くガッチリします。
 1~2年後に仕立て直して背を低くすることもできます。
 ただし、この場合も根元付近はハリガネ(後述)でぐにょっと曲げておくと
 あとあと仕立て直すときにカッコ良くなります。

◎ハリガネかけ
・そのまま育てていると枝・茎は太陽へ向かって上にまっすぐ伸びます。
 それではカッコ悪いので、せっかくですから
 枝・茎が柔らかいうちにハリガネで曲げて
 なんとなーく哲学的なような、芸術的なような
 なんちゃって盆栽(^^;)に仕立ててみましょう。
 008

・ハリガネは園芸店で売られている盆栽用がオススメ。
 太さは様々あり、曲げたい枝の1/3~2/3くらいの太さが目安。
 009

・ハリガネかけ(盆栽の世界でこれを「曲をつける」と言います)は
 細かいことを言うときりがないので
 盆栽の本を読むなり、ネットで調べるなりしてください^^;
 ここではコツだけ一言。
 それは「まずは伏せる」です。
 上へ伸びる枝をヨコに。
 まっすぐなのをぐにょっと。
 それだけでとりあえずそれっぽく見えたりします。
 010
 ↑こんなふうにぐにょっと曲げると、それっぽく見えます。

◎コケを貼ろう
・庭の片隅や歩道の脇などに生えているコケを採取して
 土の表面に貼れば、あら不思議。さらにカッコ良く見えます。
 コケが貼られることで鉢の土もこぼれにくくなります。
 011
 ↑カシミ家で育てているヤマゴケ

・コケは何でもいいですが
 ヤマゴケ(ホソバオキナゴケ)がおすすめ。
 012
 ↑コケを土の表面に貼ったところ
 目が細かくキレイです。
・その他にちょっと粗めですが
 スナゴケ、ハイゴケなども良いです。
 ただしゼニゴケだけはやめてください。
 空気を遮断して地中の根が窒息するらしいです。
 詳しくは…本やネットで調べてくださいです。
 さぁて、どんなコケだろーねー^^;
 レッツ検索!
posted by カシミ家
comment:3   trackback:0
[どんぐりの育て方
どんぐり育て方_A:初級編
どんぐりの育て方 A:初級編
枯らさない程度にラクに育てたい方へ。

◎水やり
・土が乾いたら
 003a
 ↑これくらいになったら

 鉢底から流れ出るくらいにたっぷり。
 003b

・鉢の下に皿などを置く場合は
 その皿に水がたまらないようにしてください。
 いつまでも湿っていると根腐れの原因になります。
・水やりは1回の量ではなく水やりの回数で調整します。
 目安……夏/1日2回(朝と夕方)
     春・秋/1日1回(朝)
     冬/2~3日に1回(朝)
     ※環境にり異なります。
      「土の表面が乾いたら水」が基本です。
・鉢が小さいので、ジョウロで水をやると土がこぼれやすいです。
 醤油さしのような物や、ポタポタ水が落ちる蛇口で
 優しく水やりしてくださいね。
 004
 ↑こういうのがあると便利!

◎置き場所
・屋根がある室外(ベランダなど)がベスト。
・室内ならレースのカーテン越しの窓際がベター。
・机の上などに置く場合でも、
 できるだけ外の空気にあててやってください。
 目安……夏、春、秋/2~3日室内:1~2週間室外
     冬/1週間室内:2~3週間室外
・まだ子供なので、真夏では一日中直射日光があたる場所では
 ひからびてしまいます。
 目安……夏/直射日光があたらない程度のかなり明るい日陰。
     春・秋/午前中だけ陽があたるとか、レースのカーテン越しとか
     冬/なるべくたくさん陽にあてる。
※室内は人間が思っているより植物にとってはかなり暗い環境です。
 室内に置く場合でもできれば窓際などの
 できるだけ明るい場所に置くことをおすすめします。

◎その他
・室内に置く場合はエアコンの風が直接あたるところは避けてください。
・「土は湿っているけど葉っぱがカラカラに乾く」という場合は
 ときどき葉っぱだけにキリフキするといいです。
・一年に1回植え替えるのがベスト!
・大きくしたい場合はひとまわり大きな鉢に植え替え。
 (いきなり大きな鉢にしないほうがよろしい)
・このまま小さいままにしておきたい場合は
 同じくらいの大きさの鉢に植え替えてやってください。
 そのとき根の長さを半分くらいに切るとなお良いです。
 (なぜ根を切るのか?については「B:中級編」を参照ください)
・植え替えの適期は春の新芽が出て来る直前
 (だいたい2月末~4月上旬・場所により異なる)です。
posted by カシミ家
comment:0   trackback:0
[どんぐりの育て方
どんぐり育て方_基本情報編
どんぐりの育て方 基本情報編

◎このどんぐりは「ミズナラ」(ブナ科コナラ属 落葉広葉樹)です。
◎昨年秋・11月に植えたものです(実生一年生)。
◎落葉樹なので秋には葉は落ちますが、上手に育てると
 春の芽吹き、夏の緑葉、秋の黄・紅葉、冬の寒樹(裸樹)
 と四季おりおりの姿が楽しめます。
◎ご自宅にやってきたばかりのころに枯れることが希にあります。
 000a
 ↑こんなふうに葉っぱがなくなったり
 000b
 ↑こんなふうに葉っぱが茶色く枯れたり

 これは環境が変わったことで
 どんぐりが疲れちゃった為です。
 その時は直射日光をガンガンに当てるのではなく、
 2~3週ほど明るい日陰
 (ベランダの直射日光が当らない程度の明るい所、など)
 で育ててください。
◎葉がひからびたり、枯れることもありますが
 そのまま育てていると
 001
 ↑こんなふうに新しい芽が出て来ることもあるので
 あきらめないでくださいね。
◎育てるコツは「毎日見てあげること」。
 そうすれば土の乾き具合やどんぐりの変化に気が付き
 どんぐりが「どうして欲しいか」が
 なんとな~くわかるようになります。
 002
 ↑こんなふうにデジカメなどで定期的に撮影していると
 「あっ、大きくなってる!」と、楽しいですよ。
posted by カシミ家
comment:0   trackback:0
[どんぐりの育て方
| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。